銭湯でゲイ体験談:ゲイ出会いの道しるべ

ゲイ出会いの道標 > 銭湯でゲイ体験談

■同性愛恋活の人気出会い場


同性愛恋活サイト1
エロ活から友活まで男同士の交流をしっかりサポート!人気・話題急上昇中の注目サイトです★

同性愛恋活サイト2
簡単ご近所検索、プロフ・写真観覧無料で、最適・最高のパートナーをじっくり探せます。

同性愛恋活サイト3
ゲイ出会いサイト最多クラスの会員数・雑誌でネットでも紹介されている老舗コミュニティです

同性愛恋活サイト4
無料体験で出会いをしっかりサポート!さらに動画機能も充実の只今最注目の恋活コミュニティです。

■銭湯でゲイ体験談

僕も小学生の時から近所の銭湯でよくイタズラされてます。 三年生になった頃から一人でも行くようになり、そこに目をつけたのか、町内会長をやってるおじさんに必要以上に構われるようになったのです。

まったく知らない人じゃないし、いくらか気を許していた事もあります。 しかも相手は町内会長で、それなりに人徳もあったでしょうし、僕が構われても『子供好きな会長さん』くらいにしか見えなかったでしょう。

最初のうちはお湯に浸かりながら話をしたり、体を洗う時も背中を流してくれる程度だったのが、やがて泡風呂の中で抱っこされたり、全身くまなく洗ってくれたりするまでになりました。

泡風呂の中では、会長さんの膝に乗せられ、後ろから回された手が常に僕のおちんちんを揉んでいました。 堅くなってしまい、恥ずかしさから逃れようとしても、会長さんは構わずおちんちんを揉み続けます。

体を洗う時も会長さんの前に立たされ、おちんちんやお尻は『きれいにしとかなきゃ』といつも念入りに洗ってもらいました。

そんな事が週に一回か二回あり、五年生になる頃には恥ずかしさより気持ちよさが強くて、僕は銭湯で会長さんに会うのを楽しみにしていたくらいでした。

ある日、その時も会長さんに体の隅々を洗ってもらってる時に、同じクラスの友達が父親とやって来て、そんな僕をからかいました。 『お前、まだ自分で体洗えないのかよ?』 友達は隣の洗い場に座り、自分で体を洗い始めました。 僕は途端に自分が幼稚に思え、会長さんの手から逃れお湯の中に飛び込みました。

後を追ってきた会長さんが『気にせんでえぇよ』と、いつものように僕を抱きかかえおちんちんをいじります。 でも友達が気になって気持ちよくないし、僕はすぐに帰ってしまいました。

それからしばらく銭湯には行かなくなったのですが、六年生になってすぐの頃、久しぶりに行ってみたら、会長さんとバッタリ遭遇してしまいました。 『おぉ、和ちゃん、大きくなったねぇ』

時間が早かった事もあり、男湯は僕と会長さんの貸し切り状態でした。 『久しぶりに体洗ってあげよう』 実はもし会長さんがいたらそうされたい、と思っていた僕は、人目のないのをいい事に快諾して、早速会長の前に立ちました。

おちんちんはすでにピンピンになっていました。会長さんはいけない事をしてる、それをされたいと願う僕も間違ってる、と何となくわかっていたものの、気持ちよさの誘惑には勝てませんでした。

はじめから勃起していたのでその気持ちは会長さんに伝わり、前みたいに体を洗うのではなく、おちんちんだけを泡まみれにしてやんわりとシゴいてきました。 僕は初めての気持ちよさに黙ってされるがままになり、会長さんの手は完全に愛撫へと変わっていきました。

くすぐったさと痒いような感覚に立っていられなくなった僕は、まだ誰も来ないだろうと大胆にも会長さんの膝に座りました。 洗い椅子に座り、膝を立ててる会長さんの片膝をまたぎ、大きく股を開く姿は、いじって欲しいという気持ちの表れ意外何物でもなかったと思います。

お尻の割れ目に膝が当たり、その気持ちよさも手伝って、やがて僕はおちんちんをいじられながらモゾモゾと下半身を少しだけ前後にスライドさせました。 『そうやると気持ちえぇんか?』 と聞かれ、顔を真っ赤にしたまま頷きました。

『ならこっちがえぇやろ』 会長さんは僕を下半身の上に座らせ、しっかりと抱き締めてきました。 お尻の割れ目にハマッてるのが会長さんのおちんちんだとすぐにわかりました。

『はよせんと人が来るとイカンな』 そんな事を言いながら僕のおちんちんを激しくいじり、首筋や胸を舐めてきます。 僕の気持ちよさはピークに達し、遂に会長さんの手で初めての射精を果たしたのでした。

『何か出た…』

放心状態の僕にはお構い無しで、会長さんは僕をタイルの上に仰向けにすると、おちんちんを狂ったように舐めてきました。 時折、足を持ち上げられ、お尻の穴まで舐められた時にはさすがにビックリしましたが、やはりあまりの気持ちよさに、僕はされるがまま。

人が来たらどうしようとか、そんな不安はなくなり、この気持ちよさがずっと続けばいいのに、とさえ思いました。 会長さんは僕の体中を舐めながら自分でシゴき、僕のお腹に大量の精液を出して果てました。

僕は完全にこの気持ちいいイタズラにハマり、早い時間であればある程、他人との遭遇が少ないと知り、いつも出来るだけ早く銭湯に出掛けました。 思惑通り誰もいなければ洗い場やお湯の中で、先客がいればトイレの個室やサウナの中でイタズラを繰り返しました。

口にキスされるのと、会長さんのおちんちんを舐めるのは嫌だったけど、自分がされたいが為に我慢してやりました。 中三になった今は、アナルセックスにハマりまくってます。

人が来るかも知れない洗い場の隅で四つんばになり、お尻を突き上げて突っ込まれるスリルと興奮はたまりません。 ただ、受験もあってなかなか銭湯には行けないのが唯一のストレスかも…。