フェラ初体験:ゲイ出会いの道しるべ

ゲイ出会いの道標 > ゲイ体験談:フェラ初体験

■同性愛恋活の人気出会い場


同性愛恋活サイト1
エロ活から友活まで男同士の交流をしっかりサポート!人気・話題急上昇中の注目サイトです★

同性愛恋活サイト2
簡単ご近所検索、プロフ・写真観覧無料で、最適・最高のパートナーをじっくり探せます。

同性愛恋活サイト3
ゲイ出会いサイト最多クラスの会員数・雑誌でネットでも紹介されている老舗コミュニティです

同性愛恋活サイト4
無料体験で出会いをしっかりサポート!さらに動画機能も充実の只今最注目の恋活コミュニティです。

■ゲイ体験談:フェラ初体験

上野で偶然、中学の時の友達3人と会いました。 卒業してからはあまり会っていなかったので、ほぼ2年ぶりの再会でした。 彼らは7人で、カラオケに行く途中でした。 話が盛り上がって他の人達を待たせてしまったので、一緒に行こうと誘われました。

7人のうち、6人は同い年ぐらいでしたが、一人だけ茶髪で小柄な中学生が混ざっていました。 女の子と間違えるようなカワイイ顔の子でした。 カラオケボックスでは、俺と中学の時の友達3人は、最近どうしてるかって話で盛り上がりました。 他の4人はカラオケを歌っていました。

そのうち、中坊の隣に座っていたヤツが中坊のジャケットのファスナーを降ろしました。 中坊は下に着ていたシャツのボタンを一つもとめていなかったので、白い胸とピンクの乳首が見えました。

中坊を脱がせたヤツは、中坊の乳首をなめはじめました。 中坊は気持ちよさそうな顔をしていました。 そいつは中坊のズボンの前もあけました。 中坊は下着をつけていませんでした。 小さなチンポがピーンと上を向いてたっていました。 毛はすごく薄かったです。

そいつは手で中坊のチンポをしこり始めて、胸にもキスをしはじめました。 白いキレイな胸に赤いキスマークがつきました。 そいつは中坊にキスをしながら、手で中坊のチンポをしこりはじめました。

まわりのヤツは中坊がしこられているのに、誰も気にしていませんでした。 変わったことは何も起こっていないように、話したり歌ったりしていました。

俺も興味がないフリをしないといけないと思って、友達と話を続けました。 でも、中坊の事を見るのを止めることはできませんでした。 中坊は身体を反らせると、胸まで精液を飛ばしてイキました。

中坊をイカせたヤツが、自分のズボンをおろしてチンポを出しました。 中坊は自分の胸に飛んだ精液を手早く拭くと、床にしゃがんでフェラをしはじめました。

俺が「すごいね」と言うと、友達が中坊はゲイで、頼めばフェラをしてると教えてくれました。 俺が「良いなー」と言うと、「ヤラせてみたい?」と聞かれました。 俺はうなずいていました。

中坊がイスに戻って、フェラさせていたヤツはズボンをはきなおしていました。 友達が、「ケン、りゅうたがフェラして欲しいって」と声をかけました。

中坊は、シャツもズボンもはだけたまま、俺の前に来ました。 「キスする?」と聞かれて、「うん」と答えると、中坊が俺にキスをしてきました。 精液の味がするキスでした。 俺は中坊の口に吸い付くようにキスをしていました。

中坊は、ズボンの上から俺のチンポをグリグリと触ってきました。 触り慣れているみたいで、すごく気持ちよかったです。 俺も中坊のチンポをしこり返しました。

中坊は俺のズボンの前をあけました。 俺はズボンとトランクスを降ろして、チンポを出しました。 中坊がフェラをしてくれました。

すごく気持ちよかったです。 女とヤったことは何度もあるけど、フェラをされるのも、男の子とヤルのも初体験でした。 そのときは、フェラの経験もないと思われるのがイヤで、中坊に身体を任せてフェラをして貰いました。 女と気をつかってヤルより、男の子にフェラをして貰う方がずっと気持ちよかったです。

まわりの人は、あまり俺達に関心がなく、歌ったり話したりしているので、気は楽でした。 中坊がどんどん俺を気持ちよくしてくれました。 俺は中坊の口の中でイってしまいました。

俺は、イった後で中坊と話をしたかったんです。 でも、中坊は俺へのフェラが終わるのを待っていた人に呼ばれて行ってしまいました。

その日はあまり遅くなることはできなかったので、カラオケボックスを出た後は、彼らと別れて家に帰らなくてはいけませんでした。

ケンと出会った1週間ぐらい後に、夜、コンビニに行ったら、ケンが雑誌の立ち読みしていました。 ケンが家に帰りたくないというので、自分の部屋に連れて帰りました。 ケンは、母親とケンカになるので、家に帰りたくなかったそうです。

俺は親に見つからないように、静かにケンを部屋に入れました。 部屋はまだ暖房がきいていて暖かかったです。 ケンがジャケットを脱ぐと、また、シャツのボタンはひとつもとめていませんでした。

ベッドの上に座って、後ろに手をついて身体を傾けたので、シャツがはだけて白い肌が丸見えになりました。 お腹のうえに、乾いた精液の跡がついていました。
「精液の跡がついてるよ」
「今日は学校の友達としこりあったんだ」
俺は、ケンの答えにムラムラしてきました。
「俺もヤリたいな」
「うん」

俺はケンに抱きつきました。 ズボンを脱がすと、前と同じように下着ははいていませんでした。 俺は自分で服を脱ぎました。 お互い全裸になってチンポを押しつけあって抱き合うのはすごく気持ちよかったです。 ケンが、「ケツに入れてくれない?」と言いました。
「どうすれば入るの?」
「ケツをなめてくれれば、穴が広がって入るんだ」
ケンが、両足をあげてケツの穴を出しました。

俺は、ケンのケツの穴をなめました。 ケンが気持ちよさそうな声をあげました。

ケツをなめていると、ケンのケツの穴はすぐ広がって、舌が入るようになりました。 俺はケツの穴に舌を突っ込んで、つばでベトベトにしながらなめまくりました。 ケンは喘ぎ声を抑えるようにしていたみたいですが、それでも、声が漏れていました。 俺は親に声をきかれたらまずいと思って、ケンの口にタオルをかませました。

チンポをケンのケツに入れようとしたのですが、ケツ穴がどこにあるのかわかりませんでした。 俺が変なところに入れようとしていると、ケンが手でチンポを持って導いてくれました。 ケツの穴にチンポを押し込むと、ズルズルと入っていきました。

「痛くないの?」
「大丈夫。動かして」
俺は腰を使い始めました。 ケンのケツは気持ちよかったです。 女とするときは、女を気持ちよくさせなきゃいけないんで、気をつかいます。

でも、俺が自分が気持ちよくなるように突きまくると、ケンはタオルを噛んで必死に喘ぎ声を抑えようとします。 ケンはそこらへんで誰にでもヤラせるヤツなんだと思うと、自分が気持ちよくなるためだけに、ケツを突きまくれました。 ケンは、乱暴に突けば突くほど、気持ちよくなるみたいでした。

あまり自分だけ気持ちよくなるのも悪いと思って、ケンのチンポを握ってしこりました。 ケンはタオルを必死で噛んで耐えていました。 ケツを突きながら、ゆっくりしこると、ケンのチンポが脈を打って、俺の胸まで飛ばしてイキました。 俺はケンのチンポから手を離して、思いっきり突きまくりました。 俺もあっという間に、ケンのケツの中でイってしまいました。

俺はケンの身体の上に倒れかかって、ケンを抱きしめました。 身体の間に精液がヌルヌル残っていて、身体を動かすと滑って気持ちよかったです。 ケンはくすぐったいのを必死でガマンしているみたいでした。 俺はケンの口からタオルを取って、キスをしました。