ノンケを食べる中年ゲイ:ゲイ出会いの道しるべ

ゲイ出会いの道標 > ノンケを食べる中年ゲイ

■同性愛恋活の人気出会い場


同性愛恋活サイト1
エロ活から友活まで男同士の交流をしっかりサポート!人気・話題急上昇中の注目サイトです★

同性愛恋活サイト2
簡単ご近所検索、プロフ・写真観覧無料で、最適・最高のパートナーをじっくり探せます。

同性愛恋活サイト3
ゲイ出会いサイト最多クラスの会員数・雑誌でネットでも紹介されている老舗コミュニティです

同性愛恋活サイト4
無料体験で出会いをしっかりサポート!さらに動画機能も充実の只今最注目の恋活コミュニティです。

■ノンケを食べる中年ゲイ

よく右足にロッカーの鍵をつけている人はゲイといわれるが、果たしてそうなのか。 右足がタチで左足がウケとも言われているが真相はわからない。 テレビで楽しんごが言ってたという噂もあるが、ボクはわからない。

ゲイの世界はとても奥が深いものだ。 インターネットのある時代で検索すれば何でも出てくる時代だが 同性愛。特にゲイの事はそれでも表に出にくいようになっている。

過去にゲイの常識を調べてゲイの世界に入ろうとしたとき ゲイに関する質問や疑問・噂や偏見などしか検索結果に出てこず なかなかお目当ての情報にたどり着く事ができませんでした。

あきらめずに検索をかければ出てくるのだが、ボクは面倒臭くなった。 ゲイの事はゲイに聞けと昔の人は言っています(違) ということで、ボクは都内のゲイが集まると噂の銭湯に行く事にした。

実際に足にロッカーの鍵を巻いてみることにした。 すると、特に変わった様子はなく普通の銭湯だった。 ゲイといえばサウナ!と思ったボクは早速サウナにいく。

ボクがサウナ室に入ると、二人の男がいた。 一人は●成年みたいに可愛い系。いわゆるショタ系の男だった。 もう一人は中年小太りのオッサンだ。

結構広いサウナ室なのに、二人は並んで座っている。 親子だろうか……それにしても顔はぜんぜん似ていない ボクは会話が聞こえるように遠からず近からずの場所に座る。

すると、中年のオッサンがショタ系ボーイの太ももに手を滑らせている。 アレはどう見ても親子のスキンシップってレベルじゃない! ボクは生唾を飲み見てないフリをしている。

ショタ系ボーイは蛇に睨まれた蛙のように硬直している。 多分ノンケなのだろう。しかし足首にロッカーの鍵をつけている。 もしかして知らずにつけていたんじゃないだろうか。

●成年だったら犯罪だろうと思ったボクは止めに入ろうとしたが そこから先の行動に少し興味があったので、ボクは動かずにチラチラと見ていた。

するとオッサンはショタ系ボーイの耳元で何か言っている。 多分しゃぶらせろとか言ってるんじゃないだろうか? ボクは股間部にタオルを敷いてて周りからはわからないが、かなり勃起している。

オッサンはおもむろにショタ系ボーイのタオルを取り チンポにむしゃぶりついた。ボクはその瞬間を見てしまい ショタ系ボーイはかなりの太マラをもっていたのだ。

オッサンはそれに魅了されたのだろう。 ショタ系ボーイは、されるがままにチンポをしゃぶられている。 サウナのヒーターの音に混じってジュポジュポジュルジュルといやらしい音が混ざる。 やがて、ショタ系ボーイはオッサンの口の中で大量の白濁汁をぶちまけた。

オッサンはそのザーメンを全て飲み込み、満足してサウナ室を出て行った。

ショタ系ボーイは、何故か凄くおちんこでいたのだ。 あまり触れない方がよさそうだと思い、ボクもサウナ室を出た……

風呂から上がり、身体を拭いているとさっきの中年のオッサンが ボクにひそひそ声で話しかけてきた。

「さっきの見てたんだろ?アイツはノンケだけどゲイに興味があったらしい」

このオッサンは直感でボクがゲイだってことに気付いたのだろう。 聞いた所さっきのショタ系ボーイは18歳の大学生らしい。